あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

ボールキープ

実際の試合、いわゆるゲーム中に行うドリブルは、華麗に相手を抜き去ったり、
ゲームを決定付けるシュートにつながるようなものだけではありません。

 

ときには、味方がゴール前に上がるまでの時間を稼ぐため。
ゲーム終盤で残り時間を安全に消費するため。
パスコースを見つけるまでの時間をつくるため。
ボールをキープするためのドリブルも必要になります。

 

ボールキープを目的とするするドリブルでは、
とにかく相手ディフェンダーにボールを奪われないことが重要です。

 

pic21.gif
図のように、キープしているボールと相手の間にしっかりと自分の体を入れます。
腕や腰、上半身など、体のあらゆる部分を使って相手の動きを牽制します。

 

ボールを動かすときは、足の裏で転がすようにすると安全度が増します。
その時は、軸足をしっかりと踏み込み、バランスを崩さないように注意しましょう。

 

キープ中は、常に顔を上げて、味方の位置や、相手ディフェンスの位置など
周囲の状況を見れる状態にしておきましょう。

 

ボールを転がすときは、リズムが重要です。
リズムが悪いと上手くボールが転がせず、体のバランスも悪くなってしまいます。

 

また、ずっと同じ単調なリズムでいると、相手に動きを読まれやすくなります。
実際のゲーム中のドリブルでは、緩急をつけたり、相手のリズムを狂わすことで
展開を大きく有利に動かすことができるようになります。

 

また、リズムに乗ってドリブルができれば、自然と動きもスムーズになります。
ある程度リズムに乗ってボールキープができるようになったら、
急にボールを止めたり、速く動かしたり、リズムに緩急をつける練習もしましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。