あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

緩急をつける

フェイントの目的は、相手の裏をかき、騙すことにあります。
どんなにスピードに自身のある選手でも、ずっと同じ調子では
相手も慣れてしまい、フェイントが効かなくなってしまいます。

 

ドリブルのスピードに緩急をつければ、
相手のディフェンダーもボールを奪いにくるタイミングが掴みにくくなります。

 

緩急を使ったフェイントで効果的なのが「ストップ・アンド・ゴー」です。
トップスピードのドリブルから、急停止して相手ディフェンスの動きを止め、
その瞬間に再度急スタートすることで相手を振り切ってしまうテクニックです。

 

pic17.gif
当然、ある程度ドリブルをする距離が必要になりますので、
ゴール前の混み合った場所よりも、スペースの多い場所で使う方が効果的です。

 

pic18.gif
1:トップスピードのドリブルで前に進みます。

 

2:軸足をボールの真横にしっかりと踏み込みます。

 

pic19.gif3:足の裏や、アウトサイドでボールを止めてストップします。
そのときの勢いで、体が前のめりに流れないように注意しましょう。

 

ボールはしっかりと止めてコントロールします。
上体も含めて、体を完全に停止させましょう。

 

4:再スタートするときは、軸足に体重を乗せて、止めた足をボールから離します。

 

pic20.gif
5:その後、素早くボールに触れてトップスピードで相手を抜き去ります。
6:腰を落として、ボールを押し出しながら一気に加速しましょう。

 

ここでもたもたしていると、相手につめられてしまい
逆に不利な形になってしまいます。
一気にスピードを上げて抜き去りましょう。

 

「緩急をつける」という意味では、完全にボールを止めずに
「止まるふり」をするだけでも効果的です。

 

足の裏でボールを止めるモーションをして、
相手が反応した瞬間に再度スピードをアップして抜き去ります。

 

一度ボールを止める必要がないので、スムーズにスピードアップできます。
緩急のリズムをうまく使うことで、簡単に相手を抜き去ることができます。

 

ストップのモーションがリアルにできるように練習しましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。