あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

練習方法

ドリブルで最も基礎的でありながらも効果的な練習方法が、スラロームです。
下のイラストのようにコーンを並べてスラロームをするというシンプルなもので、
コーンさえあれば1人でも簡単に練習することができます。

 

pic3.gif
コーンの間隔は、最初は2mくらいが良いでしょう。
慣れてきたら間隔を縮めたり伸ばしたりして、
細かいドリブルやスピードに乗ったドリブルを想定した練習方法を試しましょう。

 

さらに慣れてきたら、もう少し複雑な練習方法も試してみましょう。
今度は、もうすこしコーンの並びを複雑にして
スラローム練習を単調にしないようにしましょう。

 


上の図のように、コーンを斜め2列にして大きなスラロームにしたり、
コーンの間隔を不規則にしてスラロームしてみたり、
いろいろと練習方法を工夫してみましょう。

 

スラロームの練習をするときは、細かくボールに触れることを心がけましょう。
もちろん、コーンにボールが触れないように気をつけます。

 

このとき、ボールだけに意識を集中しがちですが、
コーンを敵ディフェンスと見立て、できるだけ体も触れないようにしましょう。

 

スラローム中にボールが膨らみすぎるのも無駄な動きとなりますので
できるだけ小回りでスラロームするようにしましょう。

 

ボールタッチだけでなく、ステップも細かくするとうまく小回りができます。
ボールを体から離さないように気をつけましょう。

 

スラロームするときも、得意な部分を使うだけではなく、
例えば、インサイドだけを使う、とか、アウトサイドだけ、足の裏だけ、左足だけ
など、いろいろなバリエーションも試してみましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。