あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

ゲーム中のドリブル

日々の練習でいくらテクニックを磨いても、
実際の試合で使えないのであれば意味がありません。

 

どんなに優れた技術を持っていても、使いどころやタイミングを間違えば
相手を抜き去ることはできません。

 

逆に、フェイントなど一切使わず、スピードだけで相手を抜き去ったり、
相手を強引にブロックしながら、体の力だけで抜き去ってしまうことだってあります。

 

では試合中にドリブルをする場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

まず、試合中には相手ディフェンダーの存在があります。
このディフェンダーにぶつかったりコースをふさがれたり、
最悪の結果として、ボールを奪われたりしたらドリブルは失敗です。

 

何よりも重要なのは、周りの状況を良く見て、素早く判断することです。
常に上体を起こし、目線を上げて周囲を確認するのはドリブルの基本です。
これができなければ、相手ディフェンダーとの間合いもタイミングも計れません。

 

もうひとつ、ボールを転がすときはリズムが重要です。
リズムが悪いと上手くボールが転がせず、体のバランスも悪くなってしまいます。

 

また、ずっと同じ単調なリズムでいると、相手に動きを読まれやすくなります。
実際のゲーム中のドリブルでは、緩急をつけたり、相手のリズムを狂わすことで
展開を大きく有利に動かすことができるようになります。

 

また、リズムに乗ってドリブルができれば、自然と動きもスムーズになります。
緩急のリズムだけで、相手を抜き去ることも可能です。

 

「ゲーム中のドリブルでは、リズムを意識する」
これが、サッカーのドリブルの突破力をあげる3つめのコツです。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。