あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

試合中のドリブル

日々のドリブル練習では反復練習が主体となります。

 

しかしどんなに高い技術があっても、
使うタイミングを間違えば相手を抜くことはできません。

 

それとは逆に、テクニックなど関係なく、
持ち前のスピードだけで抜き去ってしまう場面も多くあります。

 

ここでは、日々の練習ではなかなか身につけることができない、
試合中のドリブルで気をつけるべきことや、
試合中ならではのテクニック
について説明します。
それとあわせて、フットサルにおけるドリブルの特徴も説明しましょう。

 

試合中のドリブル記事一覧

日々の練習でいくらテクニックを磨いても、実際の試合で使えないのであれば意味がありません。どんなに優れた技術を持っていても、使いどころやタイミングを間違えば相手を抜き去ることはできません。逆に、フェイントなど一切使わず、スピードだけで相手を抜き去ったり、相手を強引にブロックしながら、体の力だけで抜き去ってしまうことだってあります。では試合中にドリブルをする場合、どのようなことに気をつければ良いのでし...

サッカーは点を取り合うスポーツです。ですから、ドリブルからシュートに至るテクニックは最も重要な技術だと言えます。といっても、基本的なシュートの打ち方は止まっているときと同じです。ボールの真横に軸足をしっかりと置き、軸足は柔らかく膝を曲げて、つま先を蹴る方向へ向ける。蹴り足のスイングは、大きく、まっすぐに。足首を伸ばして、脛と足の甲がピーンと伸びるようにします。インステップシュートの場合、ボールに当...

サッカーの試合中では、どんなに華麗なテクニックを披露しても1人も抜けないことだってあります。その逆に、テクニックなど無視してスピードだけで相手を抜き去ってしまう。という場面も多く見られます。実際の試合では、そういった力技で強引に抜き去ることも必要になります。最終的に敵ディフェンダーからフリーになって点を取れれば、そこまでの経過は何でも良いのだとも言えます。高速のドリブルに自信があるのならば、ディフ...

ゴール前の混み合った状況では、スペースも少ないです。そのため、スピードだけで敵ディフェンスを振り切ることは難しくなります。相手を欺くためには、リズムの緩急を利用する方法が有効です。じっくりとボールを運び、ここぞという瞬間に一気にスピードアップします。スペースの無い場所で、スピードに乗ることが難しいのは相手ディフェンダーも同じです。それを逆手にとって、一気にスピードアップすれば簡単に相手を振り切るこ...

今回は試合中のドリブルとは少し離れますが、フットサルのドリブルについてお話しましょう。「普通のサッカーもフットサルも、ドリブルのやり方は同じじゃないの?」と思う方も多いでしょう。しかし実際には、11人で行うサッカーと、フットサルではドリブルのやり方や、目的なども少なからず違ってきます。その最も大きな要因となるのが、コートのサイズです。フットサルのコートは、およそ縦40m、横20mとかなり小さいです...

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。