あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

高校生のドリブル

中学生や高校生になってくると、戦術や細かいテクニックも理解できるようになります。
それでも、個人技を主体にすることが重要なことに変わりはありません。

 

もちろん試合に勝つために、戦術は重要です。
それぞれの選手個人の技量に合わせて戦術を考えてあげる必要があります。

 

ただ、ドリブルで一直線に突破するだけではなく、
ドリブルの他にパスや、パスを受けるための動きなどの
戦術面を理解させることで、より効果的なドリブルができるようになるのです。

 

また指導する立場の人は、メンタルの面でもケアが必要です。
強い心で、積極的にプレーができるようにしてあげましょう。

 

たとえば中学・高校生の年代は、試合に負けている場合などの
ネガティブな状態だと、メンタル面で弱くなってしまう傾向があります。

 

指導する立場の人はそうならないように、普段からケアしなければいけません。
と言っても、ただ「頑張れ」と連呼するだけでは意味がありません。

 

試合に負けているような状況や、数的不利な状況を想定した練習を
普段から行うことで、そういった状況に慣れさせるのもひとつの方法です。

 

また、生徒同士でミーティングさせることで、
自分達で答えを見つける力を養い、メンタル力をアップさせることになります。

 

また高校生くらいになると、一日中選手を走らせているようなコーチもいます。
「とにかく走り勝てば、試合にも勝てる」と間違った知識を信じている人達です。

 

根性論だけで試合に勝てれば、コーチなんて必要ありません。
"勝ちたい"という意思は、どちらのチームにもあって当然です。
そこから先に必要となるのが実際に試合で使用される技術なのです。

 

サッカーに必要な体力は、ゲーム練習でも養うことができます。
もちろん体力を養うためのトレーニングは必要です。

 

だからと言って、陸上部のようにひたすら長距離走をさせるのは
はっきり言って時間の無駄です。

 

個人技や、トップスピードの練習をさせることでも、
体力や走力を、無駄なく効率よく養うこともできます。

 

中学生や高校生の貴重な時間を無駄にしないためにも
しっかりと考えて、効率の良い練習をさせてあげましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。